夜行バスに便利なグッズとは

夜行バスでは、「絶対に必要なもの」はありません。
乗っていれば、到着地まで運んでくれるからです。
ただし、車内で快適に過ごすことを考えるならば、いくつか便利なグッズを持ち込むと良いでしょう。
車内では暖房や冷房によって快適な室温の維持がされていますが、のどの乾燥が気になる人は、マスクやのど飴、飲み物を持ち込むと便利でしょう。
ひざ掛けを貸出しするところも多いので、冷え性の人でも毛布は必要ありませんが、脱いだり着たりするのが簡単な羽織るタイプのものを一枚もっていくと、周りに迷惑をかけないで、温度調節が楽に出来ます。
また、寝る際に便利なものは、首を固定するタイプの枕と、アイマスクです。
枕は、寝ている時に隣の人の肩に頭を乗せることも、頭を窓にぶつけることもなくなります。
また、ずっと下を向いて寝ていて、起きた時に首が痛いということもありません。
アイマスクは、窓のカーテンからわずかに入る街灯の光を遮断してくれ、まぶしいと感じることなく眠ることができるでしょう。
Copyright (C) お得な移動方法を使う All Rights Reserved.